最近のトラックバック

« 女子会(婦人会)旅行 | トップページ | さわやかウォーキング(身延山しだれ桜ウォーク) »

ジュディー・オング版画の世界

3月3日(日曜日) sun ひな祭り

駿府博物館で“ジュディー・オング木版画の世界展”が開かれており今日が最終日。
「是非観たいね」と夫と電車に乗って静岡へtrain
最終日とあってかなりの人出を予想してはいたが、案の定入場の順番待ち。

25歳の時に棟方志功門下生の井上勝江氏に支持し木版画を始め、日展入選13回・2005年には「紅楼依緑」で37回日展特選を受賞するなどその他数々の素晴らしい作品が展示されていた。
作品のテーマは伝統的な「日本家屋」が中心でそのスケッチ力の正確さは素晴らしく、作品の中の紅色と緑色が印象的だった。
大作の制作風景のビデオ放映もされており、下絵作成から版木を彫り刷るところなど多くのアシスタントに支えられながらの制作は根気のいる緻密な作業の繰り返しであり、歌手ジュディーオングの華麗な姿とは違っていた。
神は、美しい容姿と歌唱力だけでなく更なる才能を彼女に与ええたのだろうか?
たぐい稀な芸術的才能は勿論持って生まれたものなんだろうがその努力と根気がなければ生まれない作品の数々だと思った。

036                                           「涼庭花夏」2008年(第40回日展入選)
                                       

                        Dscn2217_3    Dscn2220_2






           


   

« 女子会(婦人会)旅行 | トップページ | さわやかウォーキング(身延山しだれ桜ウォーク) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

歌手と思っていましたらこのような才能の持ち主だったんですね。
「涼庭花夏」2008年(第40回日展入選)
の画像を拝見しましたが
細かい作業に見事な色使い木版画とは思えないですね。
実物を見たらもっと感動したと思いました。
このような機会がありましたら是非見に行きたいと思いました。
素晴らしい芸術は心を豊かにしてくれますね。

才能豊かな方ですね! と言っても才能だけではここまで出来ないでしょう。
人間やはり何事も努力が必要なんでしょうが、努力出来る、出来ない、これも才能の内なんだと思います。
ジュディーさんの従妹(従姉?)さんが我が家の近くにいらっしゃってお付き合いがあります。やはり美しい方ですよ。

ジュディーさんの版画は写真家と見間違えるほどの出来栄えで、驚くばかりですね! 

【天は二物を与えず】と言いますが、
彼女の場合は違いますね。
tvで見る限り、お利口さんぶりが
みなぎっていますもの。
持って生まれた恵まれた才能とそして彼女の努力。
矢張り素晴らしい人だわ。
伊豆高原にも彼女のお店ありますね。
さな様 良いものをご覧になったわねheart04

すー様 こんにちはhappy01
なんと又一週間ぶりにPCの前に座り…コメントが遅くなりごめんなさいcoldsweats01
『本当にこれが版画なのsign02』って思いました。
どの作品も力作揃いですばらしさに感嘆の溜息の連続でした。
芸術の才能は持って生まれた天性の物なのでしょうが、やはり作品にかける情熱が生み出した作品だと感じましたconfident
“素晴らしい芸術は心を豊かにしてくれる”確かにそう思いました。

tomoko様 こんにちはhappy01
お越しいただいたのに…コメント遅くなりごめんなさいcoldsweats01

ジュディーさんの作品の素晴らしさは正確な下絵(スケッチ)によるものだと感じました。
下絵を描くときの妥協を許さない姿勢・情熱が制作風景のビデオから見て取れました。

ジュディーさんの従姉妹さんとお付き合いがおありとか…美しい方だとか、きっとその方も芸術に長けていらっしゃるのではありませんか??
作品の数々は大作が多く写真と見間違うほど写実的で、光と影が見事に表現されていました。

おば様 こんにちはhappy01
何とか年頭の誓いだけは守ろうかとは頑張っているのですが…coldsweats02
落ち着いてPCに向かう時間が作れませんdown(努力が足りませんね…)

【天は二物を与えず】彼女の場合には確かに当てはまりませんね。
良い作品の数々に触れる事が出来て大変うれしく思いました。

伊豆高原のお店は知りませんでした。
機会が有ったら寄ってみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1329966/50621548

この記事へのトラックバック一覧です: ジュディー・オング版画の世界:

« 女子会(婦人会)旅行 | トップページ | さわやかウォーキング(身延山しだれ桜ウォーク) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ