最近のトラックバック

« 2013年6月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

復活しました!?

9月25日(水曜日) cloud

3か月以上ご無沙汰してしまったcoldsweats01ブログを復活しました!
あまり力まずボチボチUPしていく事にしましたのでよろしくお願いしますconfident

と言うのも不思議なご縁??があったので…ブログ復活を決意(チョット大げさかな)しました。

9月23日(秋分の日)夕食を済ませた午後8時、夫と二人で谷川岳登山に出発cardash
当初25日夜に出発予定だったが天気予報を見て前倒しで決行。
連休最終日と言う事もあり東名は秦野中井辺りから20キロの渋滞carrvcarbus
東名高速から環八・関越道と車を走らせ水上インターを下り谷川岳ロープウェイ駐車場に着いたのが日付が変わった24日午前1時過ぎ。
既に3~4台の車が止まっていたが、皆明日に備えて仮眠中sleepysleepy
我々もトイレを済ませ寝袋にくるまり仮眠することにしたが…なかなか眠れない。
何とか1時間30分ほど眠り人の話し声で目覚めた。
時間はまだ5時前。
いつの間にか近くに札幌ナンバーのプリウスと名古屋ナンバーのランクルが止まっており登山準備を始めていた。
二人はこの駐車場で出会い意気投合して、日本三大急登の一つ西黒尾根を登って谷川岳へ向かうと言う。
我々はそんな技量も体力も無いので勿論ゴンドラで天神平まで行く。
「頂上で会いましょう」と言って送り出し、カップラーメンとモーニングコーヒーの朝食を済ませたdelicious
7時過ぎにゴンドラのチケット売り場に移動するも、平日8時から運行のゴンドラはまだ係員さえも来ていない。
が、窓口にはチケットを求める人たちが列を作り並び始めた。
霧雨がしとしと降っていたが一瞬日も射し明るくなったが…ゴンドラの向かう先はどんよりと暗い雲で覆われている。

ゴンドラを降りた天神平は濃霧、視界は10メーターも無い。
天神峠まではスキー場のリフトに乗り天神尾根を歩いたshoeshoesweat01
霧は何時しか雨となり合羽を着ての登山、雨に濡れた蛇紋岩や木道は滑りやすく歩きにくかったcoldsweats02
相変わらずの雨に只ひたすら歩いたshoeshoesweat01
20~30人の団体さん(ほとんどが中高年の女性)が二組、若い山ガール・山ボーイ達そして私たちの様な団塊世代の山好きが多く賑わっていた。
しかし高度を増していくと谷を駆け上がってくる霧と風がきつくなってきたraintyphoon
12時になろうとする頃やっと肩の小屋に到着。
チョット遅れてくる敏さんを待っている時、やはり一人で登山している山ガールと知り合ってお話しする事が出来たhappy01

今回ブログ再開のきっかけとなった女性である。
彼女は“草津温泉ホテル一井”にお勤めしていて、休日はほとんど山登りをしているそうで友人と休日が合わず単独登山をしているとか。
スノーボードのインストラクターもしていてその腕前(足前)は大会で表彰されるほどだと言う事を後に読んだ彼女のブログで知った。
敏さんと合流してから谷川岳トマの耳に登り(余りの霧と強風の為オキの耳は断念)一緒に下山中は山の話・スキーの話で盛り上がった。
しかも・しかも私は10月20日に“草津温泉ホテル一井”に泊まる事になっていたなんて…こんな偶然があるとは…勿論℡番号を交換してお別れした。

ホテルではホームページの作成更新・スタッフのブログなど広報の仕事を担当しているそうで休日の山行きなどはブログネタになったり、ホームページの情報として活用しているようです。

その女性、わっこさんとの嬉しい出会いをきっかけにブログ更新したって訳なんですhappy01heart04

今回の谷川岳は最悪のお天気で…載せるような写真も撮れなかったけれどdownわっこさんに撮ってもらった敏さんとのツーショットの写真(霧が濃くて鮮明ではないけれど)をUPしてみますcoldsweats01

  Dscn2587  Dscn2588  Dscn2595
肩の小屋をバックに    頂上トマの耳にて    下山途中で振り返ったら

トマの耳・オキの耳の双耳峰を持つ美しい山・一ノ倉沢・西黒尾根の厳しい魅力ある山、谷川岳にもう一度登りたい。
晴れた日に、青空に映える谷川岳を見たい。
山頂からの360度の大パノラマを見てみたい今度こそ…sign03


« 2013年6月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ