最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

虹を見ましたか??

10月9日(水曜日) /

今日は水曜日、楽しみにしている奈津美先生のエアロビクスの日
台風の影響か朝から雨が降ったりやんだり…
12時45分、昼食を済ませ家を出た時には小雨だったのに…車の向かう先は真っ黒な雲に覆われている。
ジムに着く頃には、案の定の土砂降り
「雨にも負けず風にも負けず」の根性で…エアロビクスを楽しんだ。

帰る時には降っていた雨も上がり太陽が顔を出している
車に乗り込もうとした時、大きな虹が目に飛び込んできたではないか
まるで絵に描いた様な、それはそれは大きな虹。
あなたも、大きな虹を見ましたか??

Ca3g00070001
慌てて携帯で写したのであまり上手に撮れてませんが
こんなに大きなハッキリとした虹を見たのが久しぶりだったので…嬉しくてUPしてしまいました

大とろ牛乳

先日、谷川岳で知り合ったわっこさんお薦めのチョット変わったスイーツ“大とろ牛乳”を取り寄せて食べてみました

下山中、日帰り温泉の話から水上インター近くにある美味しいスイーツのお店の話になり、帰りには是非よって食べてみてとすすめられた“大とろ牛乳”。
日帰り温泉は「入りたいけど入るとかえって疲れが出て…それよりも早く帰ろうヨ」とtoshiさん。
只、水上インター700メーターほど手前にある“大とろ牛乳”には立ち寄ってみた。
が…本日分は売り切れとの事残念。
「インターネットでのご注文も承っております。」とパンフレットを手渡された。
食いしん坊の私は早速注文。
“愛を呼ぶおいしさ大とろ牛乳”のキャッチフレーズ、群馬県水上温泉近くの山の中で生まれた牛乳とコラーゲンの少し凍ったスイーツです。

3日後荷物が届くと早速食べてみる事に
冷凍で届いた凍った牛乳(コラーゲン入り)を指示通り電子レンジで半解凍し同封されていたチョコレートパウダーをトッピングし食べてみた

        Ca3g0001_2        Ca3g00030001
    
ちょっとお洒落な四角い容器と太いストロー付  蜂蜜に付け込んだバームクーヘンも

Ca3g00060001
さらにバームクーヘンもトッピングして、チョット甘さ控えめな素朴な味でそれでいてなんか癖になりそうな不思議な食感でした
シェイクの様なシャリットした口当たりで後味がさっぱりしていました。
水上温泉や谷川岳に行った際には是非一度お試しあれ













復活しました!?

9月25日(水曜日) 

3か月以上ご無沙汰してしまったブログを復活しました!
あまり力まずボチボチUPしていく事にしましたのでよろしくお願いします

と言うのも不思議なご縁??があったので…ブログ復活を決意(チョット大げさかな)しました。

9月23日(秋分の日)夕食を済ませた午後8時、夫と二人で谷川岳登山に出発
当初25日夜に出発予定だったが天気予報を見て前倒しで決行。
連休最終日と言う事もあり東名は秦野中井辺りから20キロの渋滞
東名高速から環八・関越道と車を走らせ水上インターを下り谷川岳ロープウェイ駐車場に着いたのが日付が変わった24日午前1時過ぎ。
既に3~4台の車が止まっていたが、皆明日に備えて仮眠中
我々もトイレを済ませ寝袋にくるまり仮眠することにしたが…なかなか眠れない。
何とか1時間30分ほど眠り人の話し声で目覚めた。
時間はまだ5時前。
いつの間にか近くに札幌ナンバーのプリウスと名古屋ナンバーのランクルが止まっており登山準備を始めていた。
二人はこの駐車場で出会い意気投合して、日本三大急登の一つ西黒尾根を登って谷川岳へ向かうと言う。
我々はそんな技量も体力も無いので勿論ゴンドラで天神平まで行く。
「頂上で会いましょう」と言って送り出し、カップラーメンとモーニングコーヒーの朝食を済ませた
7時過ぎにゴンドラのチケット売り場に移動するも、平日8時から運行のゴンドラはまだ係員さえも来ていない。
が、窓口にはチケットを求める人たちが列を作り並び始めた。
霧雨がしとしと降っていたが一瞬日も射し明るくなったが…ゴンドラの向かう先はどんよりと暗い雲で覆われている。

ゴンドラを降りた天神平は濃霧、視界は10メーターも無い。
天神峠まではスキー場のリフトに乗り天神尾根を歩いた
霧は何時しか雨となり合羽を着ての登山、雨に濡れた蛇紋岩や木道は滑りやすく歩きにくかった
相変わらずの雨に只ひたすら歩いた
20~30人の団体さん(ほとんどが中高年の女性)が二組、若い山ガール・山ボーイ達そして私たちの様な団塊世代の山好きが多く賑わっていた。
しかし高度を増していくと谷を駆け上がってくる霧と風がきつくなってきた
12時になろうとする頃やっと肩の小屋に到着。
チョット遅れてくる敏さんを待っている時、やはり一人で登山している山ガールと知り合ってお話しする事が出来た

今回ブログ再開のきっかけとなった女性である。
彼女は“草津温泉ホテル一井”にお勤めしていて、休日はほとんど山登りをしているそうで友人と休日が合わず単独登山をしているとか。
スノーボードのインストラクターもしていてその腕前(足前)は大会で表彰されるほどだと言う事を後に読んだ彼女のブログで知った。
敏さんと合流してから谷川岳トマの耳に登り(余りの霧と強風の為オキの耳は断念)一緒に下山中は山の話・スキーの話で盛り上がった。
しかも・しかも私は10月20日に“草津温泉ホテル一井”に泊まる事になっていたなんて…こんな偶然があるとは…勿論℡番号を交換してお別れした。

ホテルではホームページの作成更新・スタッフのブログなど広報の仕事を担当しているそうで休日の山行きなどはブログネタになったり、ホームページの情報として活用しているようです。

その女性、わっこさんとの嬉しい出会いをきっかけにブログ更新したって訳なんです

今回の谷川岳は最悪のお天気で…載せるような写真も撮れなかったけれどわっこさんに撮ってもらった敏さんとのツーショットの写真(霧が濃くて鮮明ではないけれど)をUPしてみます

  Dscn2587  Dscn2588  Dscn2595
肩の小屋をバックに    頂上トマの耳にて    下山途中で振り返ったら

トマの耳・オキの耳の双耳峰を持つ美しい山・一ノ倉沢・西黒尾根の厳しい魅力ある山、谷川岳にもう一度登りたい。
晴れた日に、青空に映える谷川岳を見たい。
山頂からの360度の大パノラマを見てみたい今度こそ…


いろんな事がありました!!

今日はもう6月12日(水曜日) 梅雨らしくまとまった雨(太平洋上の台風の影響もあり)と言う予報もはずれ今は青空さえのぞいている。

久しぶりにPCを開いてここ半月の間にあった事を書いてみる事にした。

5月25日(土曜日)は孫たちが通う小学校の運動会が行われる。
毎年運動会を観戦するために宮崎からお客様がいらっしゃる。
身体を休めて頂くための布団をお日様にあて・いたんだシーツや枕カバーの交換とちょっと慌ただしかった
勿論、普段手抜きのお掃除も…
そんなこんなで24日にお客様をお迎えし孫たちは大喜び
当日はお天気にも恵まれ、お弁当の準備等慌ただしく整え小学校へ
最上級生と4年生になった孫たちの成長ぶりを喜び感動に胸を熱くした
そんな孫たちのスナップ写真をアップしてみた。

  005 040 013

運動会も済み、お客様を送り出しゆっくりする間もなく自分の入院の準備。
入院? そう入院の準備をしなくてはいけないのです。

私は5~6年前より胃潰瘍を繰り返していた。
4月12日の誕生日胃カメラ検査を受け細胞診の結果がんセンターを紹介されて入院と言う事になった。
只、私は病気についてあまり心配はしていなかった。
まずごく初期のがんであり担当の先生が“内視鏡手術”で日本でも5本の指に数えられると言う有名な先生なので絶対の信頼をおいている。
そして5月29日入院、退院予定は6月2日(日曜日)“まな板の上の鯉”の心境であった。
麻酔から覚めたのは病室ベットの上、息苦しくお腹が痛い。
間もなく小野先生の回診があり予測より多めの出血があり回復にちょっと時間が掛かりそうだとの説明を受けた。
確かに最初の5日間は水さえも飲む事が出来なかったけれど…先生を信頼して頑張った。
そして回復して6月9日(日曜日)予定より遅れる事一週間無事退院することができた。
しばらくはおとなしくして、体力が戻る事に専念することにしよう。
そして…ブログもぼちぼちマイペースで頑張ります。





日菜ちゃんの入学式に行って来ました♡

4月8日(月曜日) 

今日は日菜乃の小学校の入学式に出席するため早朝5時30分我が家を出発
午後1時からの入学式なのに…遅刻すれすれで出席した保育園の参観日の経験から、早く着いたらチョット近くを散策して時間調整をすれば良いと夫の意見で早朝の出発にした。

当初私は1月2日に生まれた長男・瑛太の子守りを引き受け留守番をするつもりでいたのだが…「せっかくだから入学式に出席したら」と娘の勧めで出席することに
但し(子供たちの朝食・心侑ちゃんの保育園への送り・自分たちの身支度などバタバタなので…)小学校の正門で待ち合わせをすることになった。

約束の12時に学校に到着した私たちは正門や校舎の写真をパチパチ。
ソメイヨシノは葉桜になってはいたけれど…正門横の八重桜が晴れの日を祝うかのように咲き誇っていた
真新しいランドセルを背負った日菜ちゃんのとびっきりの笑顔をカメラに収め会場の体育館へ。
式がすすみ新一年生呼名!
名前が呼ばれ大きな声で「はい!」と返事をする日菜乃に熱いものが込み上げてきた
式終了後は1年1組の教室でで担任の先生のお話を聞き、明日からの学校生活に胸を膨らませて帰宅。

孫の入学式に参加して、自分の子供達の時とは違う何とも言えない幸せを感じる事ができた
日菜乃・心侑・瑛太と3人の孫に囲まれたtoshiさんの写真です。

Dscn2334 Img_0040 Img_0044

Dscn2372 Dscn2365 Img_0082

入学式に出席する前に夫と二人で散策を楽しんだ赤塚公園のニリンソウと東京大仏の写真を動画にまとめてみました
東京大仏は以前TV東京のアドマチックと言う番組で紹介されており、機会が有ったら行ってみたいと思っていた所。
今回は入学式出席と瑛太の初節句のお祝い(兜飾りを持参)の目的ではあったが、散策と言うおまけ付き。
盛りだくさんのお出かけになった。
 


あけましておめでとうございます。

2013年1月1日(火曜日) /

新年あけましておめでとうございます

慌ただしく去った2012年、特に12月は年末になってから選挙があったせいか…それとも年を取ったせいか…あっと言う間の一年間だったような気がする。
夫の慣れない区長の仕事のアシスト&雑用に翻弄された一年間だった様な気もする
「手落ちはないだろうか?」「かんじんなことをわすれていないだろうか?」
もう一度前任者の記録を見直すetcetc…。
それでも…50点(100点満点中)位の出来だったかな??

12月31日~1月1日
御不動尊の年末年始行事をなんとか無事に終わらせ自宅に戻ったのが1時20分。
冷え切った身体をお風呂で温め2時30分就寝
『初日の出を見に行かない?』と夫に起こされ、身支度をして6時30分に我が家を出発
田子の浦海岸に向かうとの多いことにビックリし何とか車をとめご来光を待った。

天気予報では
感動的なご来光を期待するも…伊豆半島には雲がかかり雲間からの初日の出となってしまった
それでも2013年の初日の出に手を合わせ、まずは『三女の無事の出産(1月9日出産予定)』と『家内安全、無病息災を祈った』。
贅沢は言いません、2013年が健康で笑顔で過ごせますようにと合掌。

そして私の今年の誓いは…週4日のウォーキング(1日5㎞以上)と月2回以上のブログ更新を目指して頑張る事
こんな私ですが…本年もよろしくお願いいたします

田子の浦海岸での初日の出をUPしてみました

ひなちゃんとみゆうちゃん 2012年9月14日

9月14日(金曜日) 

「おじいちゃん・おばあちゃん参観日に来てね」と日菜ちゃんからの電話
昨年は渋滞でさんざんな目にあったので今年は早朝5時に我が家を出発
東京料金所付近で4キロの渋滞はあったもののまずまず順調に娘の家に7時30分着。
チョット休憩してひなちゃんとお手手つないで保育園へ
みゆうちゃんはと言うと…39度近い熱を出してしまい病院へ

保育参観には多くのおじいちゃんおばあちゃんが参加していた。
名札を渡されホールで待っていると、それぞれ孫ちゃんたちがお迎えに来てくれてひなちゃんは粘土遊びに連れて行ってくれた。
そう言えば去年も…よほど粘土遊びが好きらしい
だんごにケーキをお皿にのせて「はい どうぞ」。
お花を作って「はい プレゼント」。
粘土遊びやゲートボール(新聞紙で作ったボールとスティック)で遊んだあとはホールでお歌のプレゼントに紙皿で工作したレターホルダーのプレゼント
楽しいひと時を過ごさせてもらった
やはり、園での撮影はNG

敬老会の準備と会合のある夫は一足先に帰り、私はもう少しひなちゃん・みゆうちゃんと遊んでいく事に…。

二人のまごちゃんたちの様子をにしました。
ババばかですが…笑って見てくださいネ

田子浦みなと祭り

7月15日(日曜日)  

朝目覚めた時(4時30分)には小雨が降っていたが、6時15分会場に夫を送った時には心配した雨も上がりみなと祭りは予定どうり開催された。

昨年は東日本大震災の後と言う事もあり場所を小学校のグラウンドに変更しての小規模な祭りだった。
今年は、完成間近な“ふじのくに田子の浦みなと公園”での開催。
南に駿河湾を望み田子の浦港の北には霊峰富士の雄姿を見る事ができるはずだが残念ながら本日は雲の中
開会を飾る漁船パレードは強風のため中止になり、纏太鼓を先頭に子供神輿の練り歩きを合図に祭りが始まった。
会場入り口から露店が並びイベント広場まで続く通路には各地区それぞれ模擬店を出店し賑わっていた。
イベント広場では小学3,4年生による“よっちょれ”(運動会で踊ったよさこい系ダンス)、ステージでは中学生のブラスバンド演奏、ダンシングチームのダンス・子供太鼓・ひょっとこ・観音太鼓etc沢山のアトラクションが披露されていた。
勿論、盆踊りも

たかが地区の夏祭りではあるが、今年から地区役員になった夫は祭り実行委員の一員として4月の計画から携わり片づけまで…何回かの会合・寄付金集め・会場清掃準備と忙しく動いていた。
地区模擬店も班長さん役員さんのご苦労のおかげで沢山を売上盛況に終わった。

“ふじのくに田子の浦みなと公園”は地区のはずれに在り会場までの足として無料シャトルバスを運行したおかげか沢山の人たちが足を運んでくれた。
地区役員の一人として参加してみて初めて祭り開催の大変さを知った。
そして無事開催できたことにホット胸をなでおろした
仕事の合間にに収めた祭りの様子をにしてみた。
余りにも風が強くて花火が綺麗に取れなかったのが残念だった

モルゲンローテ チャリティーコンサート

6月3日(日曜日) 

混声合唱団モルゲンローテの東日本大震災復興支援チャリティーコンサートがロゼシアター中ホールで行われた。
会場は満席状態、私たちは一階の最後列に三脚を立てを撮ることにした。
昨年のコンサートとは趣がちょっと違い、しっとりとした男性コーラスのアカペラで“見上げてごらん夜の星を”から始まり会場の人たちのハートをぐっと掴んだ

モルゲンローテの指導者の松本妙子先生が作詞・作曲家である高橋晴美氏の音楽と衝撃的な出会いをし、その感動を多くの人に伝えようと積極的に取り入れたと言うコンサートは感動的で素晴らしかった
胸に熱いものが込み上げてきて…素敵な曲、素敵な歌声に感謝そしてありがとう
しっとりと歌い上げるソプラノの遠藤いつ子さんにも感動を頂きました。

チョット長めのになってしまいましたが…合唱&独唱の両方を楽しんでください

「備える・・・」

4月24日(火曜日) 

従姉妹のれい子ちゃんから「備える・・・」と言う冊子がエアーメールで届いた
この冊子は福島で「3.11東日本大震災」に被災された方々が体験をもとに作られたもので、震災時行政や近隣からの援助がとどくまでの三日間(72時間)を乗りきるための「72時間緊急キット」などがチェックシート付きでまとめられておりとっても参考になった。

この冊子は、モルモン教会郡山地方部の方々が作成し遠くアメリカにいるれい子ちゃんを経由して私の手元に届いた。
被災されその体験が少しでも今後の役に立てばと作られたそうで、体験した人だからこそ分かる「備えあれば憂いなし」の記事がたくさん寄せられている。

実際いざと言う時、備えておけば…少なからず慌てず騒がず対処できるに違いないと思った。
“のど元過ぎれば…”1年たちチョット気が緩んできている。
しっかり熟読して、その時に備えておくことにしよう

001

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ