最近のトラックバック

趣味

甘い香りに包まれて…中央公園のばら

今年もばらの季節がやってきたnotesshineshine
5月12日(日曜日)ばら祭りが行われている中央公園にcamera行って来た。
毎年の事ではあるが…やはり甘い香りに誘われてしばし至福の時間を過ごしたconfidentheart02
そして今年も…動画にしてUPすることにしたcoldsweats01
またですか~~の声が聞こえてきそうですが…お時間がおありでしたらお付き合いくださいbleah

そして今日(5月19日)、市役所屋上が一般公開されていることを聴き…これまたcamera持参で撮影に行って来た。
「お天気が良ければ日本一の富士山と二番目に高い北岳が一緒に写せるのでは…」
と言うtoshiさんの言葉に期待で胸を膨らませて屋上へ。
富士山こそ見る事が出来たものの…南アルプスは白く霞んでしまい目視することはできてもカメラで撮るのは難しかったdownweep
世界文化遺産登録真近な富士山をこんな風に見る事が出来る私たちは…やはり幸せななんだなぁ~って再認識をした。
屋上からの景色を乗せてみました。

065
         066 071 073
     北西方向南アルプス? 港の向こうは伊豆半島  南西方向

         074 079 084
        北東方向、愛鷹山 toshiさん富士山をバックに 







さわやかウォーキング(身延山しだれ桜ウォーク)

3月31日(日曜日) cloud/rain

富士駅7時44分発各駅停車甲府行きに乗り、夫と二人でおよそ2年ぶりにさわやかウォーキングに参加したshoericeball
JR東海管内で開催されている“さわやかウォーキング”は歴史的建造物等名所旧跡そして四季折々の花々や風景・絶景を訪ねながら野山・街を歩くイベントで気に入っており以前は頻繁に参加していた。

出発・到着はJRの駅。
train電車を利用しての参加と言う事で…当然電車は混雑しており「よくこれだけの人が集まったものだ」といつもながら『この企画を考えた人はきっと社長賞を頂いたに違いない』と感心したconfident
天気予報は決して良くはなかったが…「晴れ女の私が行くんだから大丈夫よ」と言う友人の言葉に期待して(でも十分な雨対策をして)参加した。

身延駅8:59着、駅前の受付でマップを頂き、念のため合羽の上着を着て出発shoeshoesweat01
綺麗に整備された駅前通り(しょうにんとおりを抜けて富士川を渡り最初の目的地大野山本遠寺の樹齢300年のしだれ桜を見学cherryblossom
マップに従い身延町の中心部を抜けてダラダラの坂道を身延山に向かって歩くshoeshoesweat01
久遠寺の総門でトイレ休憩を済ませて出発する頃から雨がぱらつき始めた。
参道を三門に向かって歩くころには傘もいるほどの降りになってきたrain
三門を抜け急な菩提梯(287段の石段)を喘ぎ喘ぎ登り久遠寺本堂へ。
そこには平成20年に再建された五重の塔が雨に打たれ綺麗な姿を見せていた。
本堂・五重の塔をcameraに収め祖師堂と樹齢400年のしだれ桜を遠くに写し、ひどくなった雨からカメラを守るためリュックに仕舞った。
雨の中、ロープウェイに乗り奥の院に行ったが…濃霧のため視界ゼロweep
休憩所でコンビニでゲットしたおにぎりを食べ暖を取ったriceballdelicious

下山は急な石段を避け男坂を利用した。
ゴール後は温かならーめんを食べ、14:50分発富士駅行きの臨時列車に乗り帰宅。
今回は雨にたたられcameraの活躍も少なく動画movieにするほどの写真も無く残念downweep
数枚の写真をUPしてみた。

Dscn2225 Dscn2230 Dscn2237

Dscn2238 Dscn2248 Dscn2254

Dscn2258 Dscn2263 Dscn2264

 Dscn2267  Dscn2270

雨にこそ降られたが、やっぱりウォーキングは楽しかったshoenotesheart04
又、楽しい企画を探して出かけてみようかなup一緒に歩いてみませんかsign02

でも、でも今回のウォーキングにはちょっとしたアクシデントが…crying

翌朝、荷物を片づけて財布の入れ替えをしようとした時、無いsign01入れていたはずの免許証が・・・・・・無い「そんなはずが…」「確か健康保険証と一緒に財布に入れたはずsign03
頭は真っ白。
昨日財布を開けた富士駅・身延駅・コンビニ・ロープウェイ久遠寺駅・ラーメン屋。
電話で確認できるところは確認したが見つからない。
夫が一緒に探してくれる事になり身延へcardash
やっぱり見つからず…紛失届を出しに富士警察署に行き、昼食後免許センターで再発行をしてもらった。

私のうっかりミスでtoshiさんの貴重な一日を無駄にしてしまったshock
ごめんなさいtoshiさんthinkそして一日付き合ってくれてありがとうcoldsweats01
財布の開け閉めには十分気を付けます。ネsign03
























ジュディー・オング版画の世界

3月3日(日曜日) sun ひな祭り

駿府博物館で“ジュディー・オング木版画の世界展”が開かれており今日が最終日。
「是非観たいね」と夫と電車に乗って静岡へtrain
最終日とあってかなりの人出を予想してはいたが、案の定入場の順番待ち。

25歳の時に棟方志功門下生の井上勝江氏に支持し木版画を始め、日展入選13回・2005年には「紅楼依緑」で37回日展特選を受賞するなどその他数々の素晴らしい作品が展示されていた。
作品のテーマは伝統的な「日本家屋」が中心でそのスケッチ力の正確さは素晴らしく、作品の中の紅色と緑色が印象的だった。
大作の制作風景のビデオ放映もされており、下絵作成から版木を彫り刷るところなど多くのアシスタントに支えられながらの制作は根気のいる緻密な作業の繰り返しであり、歌手ジュディーオングの華麗な姿とは違っていた。
神は、美しい容姿と歌唱力だけでなく更なる才能を彼女に与ええたのだろうか?
たぐい稀な芸術的才能は勿論持って生まれたものなんだろうがその努力と根気がなければ生まれない作品の数々だと思った。

036                                           「涼庭花夏」2008年(第40回日展入選)
                                       

                        Dscn2217_3    Dscn2220_2






           


   

見えますか??

2月10日(日曜日) sun

スキーに出かけた時(山に行く時も…)持っていく適当な財布が無く、ちっちゃな小銭入れにお札を小さく折りたたんで入れ使っていた。
買い物をするときにお札と一緒に小銭をバラ播いてしまったり…チョット使い勝手が悪く「使いやすい財布がないかしら?」とつぶやいていたら…。
toshiさんが見つけてきてくれたmont・bellの財布。
柔らかなメッシュ素材の使い勝手の良さそうな財布。
茶色のメッシュ地にチョコレート色のパイピングがしてあるが…チョット地味かな?

そこで…昔山登りを始めた頃キスリングザックに“エーデルワイス”のワンポイントの刺しゅうをしていた事を思い出した。
「そうだ刺しゅうをしてみよう!」
と、思い立って財布に刺しゅうをしてみた!
やっぱり“エーデルワイス”のつもりなんだけど…。
「見えますか??」

Dscn2087
私のしるしを付けた財布、大切に使うね、toshiさんありがとうheart04

スキー

元旦に、一日5キロのウォーキングを週4日以上・月2回以上のブログの更新をすると誓った。
そして…ウォーキングの5キロ/1日は頑張って続けているが…ブログの更新がdownそこであわててUPすることにした。

記事がちょっと古くなってしまったが、1月13日に孫たちとスキーskiに出かけた!!
12日はどんど焼きなので3連休の中日の13日に日帰りで出かける事に…。
行先は“しらかば2in1”。
日帰りで行くのにはちょうど良い距離でしかも雪質も良く、ゲレンデも変化があり余り混んでいないので気に入っている。
孫の友達家族と現地で合流し1日楽しくスキーを楽しんだski
お天気にも恵まれ、ゲレンデ上部からのパノラマに感動した。

056           槍ヶ岳や大キレット北穂高岳などくっきりと見えた。

         Dscn2052 Dscn2059 Dscn2060

そして昨日(1月30日)は夫と二人で“白樺高原国際スキー場”へrvcardash
12年間私たちのアウトドア―ライフのパートナーだった愛車とのお別れスキーに出かけた。
まだまだお別れするにはもったいない気もするが…沢山の思い出をありがとうheart04
新しい車がやってくる日曜日には、12年間の感謝の気持ちを込めてピカピカにしてお別れをしようshineweep







レジェ 5周年パーティー

11月23日(金曜日) raincloud

“A-1 レジェ”は私が毎日の様に通っている女性専用フィットネスクラブ。
私がレジェと出会ったのはもう4年前の事。

話は5年前にさかのぼる、私はまだフルタイムで仕事をしており毎週金曜日の夜にペアーレ(厚生年金機構のカルチャー施設)でエアロビックスを楽しんでいた。
ところが厚生年金施設の処分対象になったペアーレが無くなり、運動するところを探していた。
そんな時に“A-1 レジェ”の誕生を新聞の折り込みチラシで知り、気になっていた。
気にはなっていたものの…フルタイムの仕事と家事に追われ時間的に難しく諦めていたweep
1年後不景気のあおりでパート勤務になった私は、幸か不幸かレジェに通う時間ができ迷わず入会した。
それからもう4年が過ぎたとは…本当に時間の過ぎるのは速いものだdash
そんなレジェが5周年を迎えた

私にとって“レジェ”とは…入会の動機は「運動をしたい」「筋力をつけたい」そして勿論「やせたい」だったが…今では自分が自分らしくいるために必要不可欠なもの(ちょっとオーバーかな)となった。
4世代7人家族の主婦(2年前に退職)として家の中では自分の時間が持てずにイライラすることも…でもレジェで体を動かし遠赤サウナドームで癒されリフレッシュできるconfident

パーティーでの青ちゃんのあいさつの中に『自分の思いとは関係なく必要な時に必要な人と出会うもの』と言うフレーズがあったけれど…実は私も感じていた事。
レジェの扉を開けて出会えた大切な“レジェ友”“スタッフの方々”きっと『出会う意味があるからきっと繋がりあえた』んですよねhappy01heart01青ちゃん。
何よりもみんなの笑顔に会えることを楽しみに今日もいそいそとレジェに通う私ですrvcardash
これからもよろしくお願いしますwink

toshiさんからのプレゼント

先日の天狗岳登山で私のストックが壊れてしまったweep
4年ほど前に山歩きを再開し始めた頃、デポ(スポーツ用品店)で買った確か1本980円の特売品。
最初はtoshiさんと1本づつ使っていたけれど、何回か歩いているうちに「やっぱり2本あった方が良い」と言う事で…toshiさんは新調し私は今までのを2本使っていた。
特に不自由もなく使っていたが今回の天狗岳でついに壊れてしまったdespair
重いリュックを背負い体重をかけた時…ズズズーとストッパーが効かずに縮んでしまったのだ。
その場は何とか転ばずに済んだが…へたすればバランスを崩して転倒していたかもしれない!!
『今度帰ったらストッパーのしっかりしたものを探そう』そう思っていた。

帰ってきた数日後『ちょっとスウェンまで行ってくるネ』と言って出掛けたtoshiさん。
ニッコリ渡してくれた“ブラックダイヤモンドのトレッキングストック”のプレゼントpresent
なけなしの小遣いからのプレゼントは本当に嬉しかった。
“ブラックダイヤモンド”と言えばアルピニストが愛用している本格的なブランド。
「これからも一緒に山に行こうね」ずっと大事に使いますsign03
ありがとうheart01
Img_0001

天狗岳登山 星空に感動♡

10月15日(月曜日) sun

夏の行事・秋の行事と続き“おひまち”の終わった翌日早朝午前3時、かねてより計画していた天狗岳へ出発rvcardash

カーナビに“唐沢鉱泉”と入力したはずなのに…案内された先は“渋の湯”??
「目的地周辺です、案内を終了いたします」って、ちょっと待ってよangryannoy
まぁ、しょうがないか! もう10年も働いてくれたんだから…think
でも悪いこともあれば良いこともある、道に迷ったおかげで「一度は行ってみたいね」と言っていた御射鹿池(みしゃがいけ)発見eye。日本画家平山郁夫画伯の作品で有名になった場所。
まだ朝6時だと言うのに…カメラcameraを持った人が何人か来ていた。
おまけに車のすぐそばまで鹿が近づいてきて…あわててcameraパチリ。
一時間ほどロスをしてしまったが、ラッキーでもあったscissors

そんな訳で1時間ほど遅くなり、朝食を済ませ8時10分登山開始shoeshoe
唐沢鉱泉脇のしゃくなげ橋を渡ると北八ヶ岳特有のしらびその樹林帯が続く。
しかも足元は大きな石がゴロゴロしていて歩きにくい。
昨日の寝不足(睡眠3時間ほど)の影響か足が重いしsad、樹林帯は見晴らしが効かないし…down
なんとか枯尾の峰の分岐に着くも、ここまでに大きな時間ロスwatchdown
標準時間から30分も遅れている。
「歩けばいつかたどり着く」と言いながらひたすら歩くshoeshoe
尾根道は根っこ道になり少しは歩きやすくなった。

1時間ほど歩くと目の前が明るくなり第一展望台に着いた。
リュックを下して撮影タイム。
真っ青な空に南八ヶ岳の峰々が凛として聳え、感動し疲れも吹っ飛んでしまったheart04happy01

更に歩くこと小一時間で第二展望台に、そこは360度のパノラマeyeup
南八ヶ岳はもとより、南アルプス・中央アルプス・御嶽山・北アルプスの山々etc…cameraに収めた。
しかも目の前にはこれから登る西天狗の岩稜が迫り胸が高鳴ってきたheart04
岩稜には道しるべの○や矢印が白いペンキで書かれており危険な個所には大きな×が書かれている。

いざ西天狗へ…ストックとカメラはいったんリュックに仕舞い手袋をはめて出発。
○印を慎重にたどりながらよじ登る。
思ったよりも楽しく、下を見ると第二展望台がハッキリ見えた。
一時間近くの岩登りが終わると西天狗岳の山頂に着いた。
達成感と展望の素晴らしさに感動した。
標高2646mの山頂に立ち、夫と二人感動を共有できたことに感謝した。

西天狗から東天狗に、東天狗山頂ではもうすでに4時になろうとしているwatch
幸いな事にお天気が良くまだ明るいが…“山での行動は3時半頃までに終わらせること”と教わったはず…。
さぁーゆっくりはできません、天狗の奥庭にも魅力があるけれど…中山峠経由で黒百合ヒュッテまで行く事にshoeshoe
標準時間では50分くらいのはずの所、私たちは石ゴロの下りを慎重に慎重に下った。
日も西に傾き日没真近、(道は一本道のはず、遭難なんかするはずはない)と思いながらもチョット心細くなり…夫が黒百合ヒュッテにmobilephone確認しすぐ近くに来ていることを知り一安心confident。50分位で歩くところをなんと一時間半もかけてしまったcoldsweats02

今回の最大のご褒美は夕食後にあったnight
澄みきった夜空には満天の星が、真上に流れる天の川を挟んでshine輝き…星ってこんなに沢山あったんだと思ったその時…北から南に向かって流れ星が、なが~~い弧を描きながら流れて行った。
こんなに綺麗な流れ星は初めてhappy02その後も北へ西へ南へ流れ星が…そこにいた4~5人の人たちは大きな歓声を上げた。
残念ながらカメラの用意が無くお見せできなくてcoldsweats01ごめんなさい。

ヒュッテの布団で熟睡し、朝食もたっぷり頂き元気に下山した。
下山後は唐沢鉱泉のお湯につかり疲れをいやしすことができたconfident

あっぱれ富士(よさこい演舞)

5月27日(日曜日) sun

記事にするのが遅すぎる!!
でもせっかく出かけたので…新鮮味に欠ける記事でごめんなさいcoldsweats01

昼食が済んでから「中央公園に行って見ない??」とtoshiさん。
26日・27日両日で中央公園をメイン会場に“あっぱれ富士”が開催され、それと並行して“ふじのふもとの博覧会”がふじさんメッセで開催されていた。
ふじさんメッセと中央公園・富士駅・市役所をむすぶシャトルバスが運行されておりどちらも大勢の人たちで賑っていた。
私たちもcameraを持ってシャトルバスbusdashで中央公園へ向かった(本当に物好きな事coldsweats01)。

“よさこい”も今や小学校の運動会などでも取り入れられており随分メジャーになてきた。
昨年の“よさこい東海道”で大賞をとったチームやお馴染みの富士のチーム・東京など他県からの参加もあり中々の賑わいを見せていた。

政治も経済もdownちょっと忘れてお祭り気分も良いかな…。
バラが満開の中央公園に富士山も姿を現していたfuji
何枚かの写真をUPしてみました。
元気を貰えたら良いかと…happy01

001 0031 004

017 026 033

039 054 064

074 088_2 093



























金環日食 見ましたか??

5月21日(月曜日) cloud/sun

今朝は金環日食観察のため6時40分に登校する孫たちを見送り、自分も観察グラスを手に2階ベランダへ急いだdash
toshiさんは2か月前からカメラ用のフィルターを買い求め今日のために備え撮影を開始していたcamera
願いも空しく、空にはどんよりと雲が広がっている。
ただ望みは雲の流れが速く…雲の切れ間から時折のぞく太陽sun
6時45分に見始めた時には既に三分の一程右上の方からかけ始めていた。
7時27分…遂に金色の輪が繋がり金環日食を見る事が出来た。
その前後は雲の流れが速く周囲も暗くなり観察用のグラスを透しては確認できず…グラスを外して見たら…肉眼でしっかりと金環を確認した。
「ヤッター、金環日食!! つながったねheart04
感動を共有する事が出来たsign03

今回撮影はtoshiさんにまかせ…私はもっぱら観察することに…eye
雲の切れ間からのあまり鮮明とは言えない写真ではあるが(絞り、シャッタースピードに苦労したようだが…ごめんなさい)ちょっと拝借。
レジェ友に聞いたところ「雨が降って見れなかったヨ~~」とかsign02
感動のおすそ分けです。

002 Img_0081 Img_0102


 Img_0120_3
ちなみに、toshiさんもブログUPしています。





 

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ